~Story~

SUKI PHOTO
フォトグラファー
前田美和

短大卒業後6年間業界誌の製作に携わり、ライターとして取材・撮影から記事制作までを担当していましたが、出産を機に退職し、子育てに専念しました。長女が2歳のとき、子どものアルバムを手作りしたいと思い、スクラップブッキングという写真を飾るペーパークラフトの手法を学びました。
 そのアルバム作りがとても楽しくて、2007年からスクラップブッキングのアドバイザーとして活動し作成した手作りのアルバムは50冊以上、延べ1000人以上のアルバム作りをサポートしてきました。

アルバムづくりでは「いいな」と思った瞬間をたくさん切り取って、何枚もの写真で一つのシーンを表現します。でも、写真の知識を深めるためにフォトスクールで学んでいた頃、その感動を1枚の写真で表現できる!ということを経験しました。

それは、フォトスクール修了写真展に出展したときです。たくさんの写真から1枚を選ぶことに苦戦し、最初は「1枚でなんか表現できない!」と思いました。迷った末に結局、特に気に入っている1枚を出展しました。

自分にとっては楽しかった思い出のワンシーンでとても気に入っていたのですが、人から見たら面白みのない写真ではないか!?と納得がいかないままの出展でした。

 

ところが、その写真が入賞し、「この1枚から楽し気な周りの情景が浮かんでくる」という講評をいただきました。まさにそんな光景から切り取ったお気に入りの1枚だったので、写真1枚の中に「そこに写っていない雰囲気や空気感を表現し、見ている人に伝えることができるのだ!!」ということを実感しました。

ただコップが並んでいるだけの写真なのに、「楽しそうな様子が浮かんでくる」「無機質なものが暖かく見えた」…など、そこに一緒にいたかのような感想もたくさんいただき、「写真」というもののすばらしさに感動しました。

 

そこからさらに写真を撮ることの魅力にはまりフォトグラファーとしても活動を広げ、のべ300人以上を撮影。現在はお教室・サロン出張撮影やプロフィール写真撮影、イベント撮影を中心に活動しています。

 

実は、ポートレート(肖像・人物写真)を撮影するきっかけとなったのは、私自身がプロフィール撮影をしてもらいに行ったことでした。スクラップブッキングのアドバイザーとして活動を始めた当初は「顔出しなんてとんでもない!」と思っていたんです(笑)でも、もっと活動の幅を広げたいと考えた時、お客様から見たらどんな人がやっているのかわからないお教室に来るのは不安だよな…と意を決して撮影に申し込みました。

初めての撮影は、緊張しすぎて顔も体もガッチガチ…でしたが(笑)それでもステキに切り取っていただいた1枚に、これまでとは違う未来を想像でき、写真ってすごいなと思ったことを覚えています。

その後、フォトスクールで出会った仲間と撮り合ったり、友人を撮らせてもらったりしているうちに、どんな人にも輝く瞬間があることを感じました。撮った写真を見せた時の嬉しそうな表情は私にとっても喜びですし、私自身も、仲間に撮ってもらった写真の中には自分では見たことがないような表情で写っていて、『写真は自分の魅力を再発見できるもの』だと感じました。

振り返ると写真を仕事にしたのは半分勢いだったと感じていますが、それだけ写真の魅力を強く感じたのだと思います。

経験を積み、学びを深めるほど、うまく撮れないと感じたり苦しんだりすることもありますが、やっぱり支えになってくれるのも写真でした。そして、カメラを持つと「ただきれいなだけではない、その人の本質的な魅力や想い・空気感が伝わる写真を撮る!!」という気持ちになるのは、ずっと変わらないことです。

 

撮影以外に、カメラレッスン、写真データ整理術講座等も開催しています。

写真を撮るということは表現の一つと思っています。記録として残すだけでなく、自分が見たものを自分が感じた通りに表現したい・伝えたい、と思ったときには、技術が必要になります。でも、カメラの知識や技術が先行するのではなく、私自身、「こういう写真を撮りたい!」という想いを実現するために学んできたので、そこに焦点をあてたレッスンを心がけています。

写真が思うように撮れるようになると、まず自分がうれしい!!さらにその想いが人に伝わったときは、最高にうれしくなります(←このときの気持ちの表現は、美和さんの感覚に変更してください)。その喜びや楽しさを伝えたくて、写真を学んですぐにアルバムづくりのお客様を中心にプチ講座を始めていました。今後は、連続講座も開催していく予定です。

 

また、写真データ整理術を始めたのは、写真がデジタルに移行したことで、お客様が写真選びや管理に苦戦していたことがきっかけでした。

大切にしたい写真がたくさんの写真に埋もれていて、どうにかしなくては…となんとなくモヤモヤしていたり、必要な時に写真が見つけられなかったり…という方が多いことを知って、より写真を楽しんでいただきたくて撮影後の整理についても講座にしました。

 

私にとって写真は暮らしを豊かにしてくれる存在です。

写真を通じて自分の魅力や豊かさを発見し、プライベートでもビジネスでも自分らしく生きる人の応援をしたいと思っています。

 

 

 

2015年 一般社団法人フォトコミュニケーション協会フォトコミュニケーター2級取得。

2015年 フォトコミュニケーション協会 アドバンスコース修了写真展 出展 PCA賞

2018年 フォトコミュニケーション協会 アドバンスコース修了写真展 出展

 

 

Scroll to Top